交通事故によるむち打ち・腰痛・だるさなど!交通事故治療。辛い痛み諦めずに相談を…

交通事故治療

交通事故治療とは

交通事故治療とは一般的に、
・むち打ち症
・腰痛
・手足の障害
・打撲
・捻挫
・その他交通事故が原因の痛み・だるさ・不快感など
の治療を指し、主に自賠責保険による治療のことをいいます。当院では、交通事故が原因の様々な症状でお悩みの方、また治療を受けていても、思ったように治らなくて困っている等の方々のご相談にも応じております。※ 交通事故治療の場合、自賠責保険により治療費が出るので、治療費や診断書料を患者様が負担することは一般的にありません。
交通事故では、日常のケガでは痛めないような部分を痛める事が多く、その時は大丈夫と思っていても、後から痛みが出て来ることや放置すると痛みや機能障害、二次的障害(頭痛や首痛・肩こり、腰痛)へと発展することもありますので、1日でも早く適切な治療をされることをおすすめします。

むち打ちの症状

むち打ちとは正式名称を外傷性頸部症候群といい、痛みの他にも色々な症状があり、一般の方には分かりにくいものです。
ムチウチの症状について知りたい方は、「こちら」をご覧ください。

交通事故にあって、こんなことで悩んでいませんか?

  • 交通事故にあったけど、どうしていいかわからない
  • 交通事故で病院に行ったが、レントゲンを撮ってもらっただけで何もしてくれなかった
  • シップをくれるだけで何もしてくれない
  • 保険会社との交渉の仕方がわからない

このような事でお困りの方は是非一度ご相談下さい。

お問い合わせ

交通事故に関するよくある質問はこちらから

よくある質問

交通事故治療の流れ

  1. 01治療までの準備

    まずは警察へ交通事故の届出

    加害者はもちろんのこと、被害者からも届け出る事が必要です。相手方の住所・氏名・連絡先・自賠責保険の加入先を確認しておきましょう。届出の際は、病院でもらった診断書も持参してください。

    保険会社へ当院で治療する旨連絡

    お取り扱いの保険会社へはる鍼灸整骨院で治療する旨を連絡し、承諾を得ます。後は保険会社への連絡や手続きは当院が行います。

  2. 02治療開始

    問診票の記入

    ご来院いただいたらまず、事故が発生した日時、状況・ケガの症状を問診票にご記入いただきます。

    カウンセリング

    事故当時の状況、その後の経緯、病院での診断内容、現在の状況などを詳しく確認します。

    触診

    痛み具合、腫れ、機能障害があるかなどをいくつかの検査やテストを行って調べたうえで、治療のプランを組み立てます。

    治療

    症状にあわせて1日でも早く症状が改善されるように、鍼灸治療、マッサージ、光線療法、電気療法、冷罨法、ストレッチ療法、運動療法などを行います。日常生活での注意点や自宅で出来る運動療法などの指導も行います。

  3. 03治療終了

    治療の終了

    症状が改善され、後遺症の心配がないかを確認次第、治療を終了します。保険会社に治療が完了した旨を報告し、納得してからサインして下さい。以上で全てが完了となります。